HOME > Blog&News -ブログ- > アーカイブ > 2016年2月

Blog&News -ブログ- 2016年2月

和装を学ぶ

和装を正しく着る、見せる、動く・・・

Buriaでお手伝いをさせていただく花嫁さんたちは
和装をお召しになられる方が多いです。

そんな花嫁さんたちのためにもっと細やかなサポートができるよう、
先日、東京でご活躍されている和装プロデューサー金井先生の
勉強会に参加させていただきました。

wasou.png プランナーのお仕事をさせていただいて約15年。
それなりに知識はあると思っていたけれど、和装はとても奥が深いですね。

まだまだ知らないことはたくさんありました。
ほぼ実践のみで行われた勉強会。

頭ではなく、身体でみっちりと覚えてきました^^!
花嫁さんたちが、和装をより美しく、楽に着こなし、笑顔でいられるように。

Buriaではそんなお手伝いを心がけています。






名古屋市政資料館

久しぶりに通りかかった名古屋市政資料館。

IMG_4390.jpg大正時代には裁判所として実際使われていたこの場所。
今は一般に解放されていて、館内見学やテレビドラマの撮影地などになっています。

そして、
0089.JPG



















エントランスを入ってすぐの大階段で、
1日2組さま限定で結婚式を行うこともできるのです。

2年前にお手伝いをさせていただいたお二人。 
懐かしいな^^。

この大きな階段を一歩一歩あがってゲスト様の前で誓う結婚式。
もともと裁判所だった雰囲気も相まって、
厳かで粛々と儀式を執り行うことができます。

この時は、挙式を市政資料館で行った後、
近隣の披露宴会場に移動して親族さまたちとゆっくり過ごしていただきました。

また、この場所で結婚式のお手伝いができるといいな。

名古屋市政資料館。
とっても素敵な場所です。





Wedding Flower


Buriaではお客様の雰囲気やご希望に合わせて、
おすすめのフラワーショップをご提案させていただいています。

最近は、花嫁さん自身がフローリストさんだったり、素敵なお店を
ご存知だったりする新郎新婦さんが続いています。

先日も新郎新婦さんのご希望で、岐阜市内にある
とってもおしゃれなフラワーショップで打ち合せをしてきました。

店長さんの穏やかなお人柄と、スタッフさんたちのほんわかした雰囲気が居心地の良いお店。
会話の中でアイデアが広がっていく感覚が心地いい。

今のウェディングフラワー事情といえば、
異素材のものを組み合わせてDIYをする全体的なコーディネートが求められています。
最近は、新郎新婦さん用のテーブルがないコーディネートも増えてきましたからね。

イマドキの自由なウェディングスタイルを叶えてくださるフラワーショップ。
新しいお店をまたひとつ知ることができました。

Buriaでは、ウェディングアイテムや会場のすべてに提携店や決まりごとはありません。
強いて言うのなら、それを選ぶ理由があり選んだことにご自身が納得されていれば大丈夫です。
あとはサポートさせていただくだけですから!

結婚式だからこそお世話になった方におかえしできるご縁、叶えたいこと、
新郎新婦さんのそんな思いを大切にした結婚式をBuriaではお手伝いさせていただきます。



*ちょうど自宅のお花がきれていたので、ラナンキュラスとミモザを購入しました^^。
IMG_4372.JPG

1

« 2015年12月 | メインページ | アーカイブ | 2016年3月 »

このページのトップへ