HOME > Blog&News -ブログ- > アーカイブ > 2020年5月

Blog&News -ブログ- 2020年5月

結婚3年目フォトウェディング&キッズフォト

少し前のお話ですが
とっても可愛らしいご家族のウェディングフォトを
お手伝いさせていただきました。

結婚をされた時期は、新しいお仕事と初めての子育てで、
なかなか結婚式やウェディングフォトについて
考える時間が持てなかったそうです。

3年が経って、お二人の生活が少し落ち着いたことと、
照れ屋の旦那さまがフォトウェディングなら
とOKが出たそうで今回の撮影となりました(笑。

場所はゲストハウス様にご協力をいただいて撮影。
撮影は七五三撮影なども行なっている
ウェディングもキッズも得意なカメラマンに。

小さなお子さん2人なので、
カメラマンのトーク力とアクションは必須です!


たくさんの素敵なお写真を残せましたが
照れ屋の旦那様。こちらに素敵なお写真の数々を掲載できないのですが
お二人の後ろ姿だけ。

IMG_6721.jpg
































この日は親御様もお孫さんのお世話も兼ねてご見学。

撮影途中、お二人にはサプライズでケーキをご用意。
せっかくゲストハウス撮影なので、ケーキ入刀&ファーストバイトシーンも!

ラストフォトは、親御様にも入っていただき集合写真を撮影。

新婦さまより結婚式もウェディングフォトもしないかもと
思っていたけど、やって良かったとご連絡をいただきました!

そして、フォトスタジオとかじゃなくて
フリープランナーさんにお願いして良かったし、
費用も撮影も、写真も全部満足でしたとお言葉をいただきました。

結婚式やウェディングフォトのタイミングは
結婚をしてすぐじゃなくても大丈夫です。

お二人の生活が落ち着いて
そろそろ良いかなと思った時がその時です。

フォトスタジオとは違った制限のない
ウェディングフォトのお手伝い。

お気軽にご相談くださいね。






これからは2部制の結婚式

多くの場所で緊急事態宣言が解除されましたね。
いろんなお店もはじまって、少しずつ平穏な日常に。

これからご結婚式を考える方たちは
いつならやっても良いんだろう?
どれくらいのゲスト様をお招きできるのかな?

コロナの前には無かった新しい考え方や疑問が
生まれています。

そこで改めて
今回のタイトル、2部制の結婚式について。

結婚式に対するご不安のひとつに
たくさんの人が集まることがあります。

2部制であれば、その不安が和らぐのもひとつ。
そして、
それ以上にお二人にとって良いことも!



1部・2部と分けることで
それぞれのゲスト様と、よりたくさんお話ができるし
ゆったりと過ごせる。
また、親族様だけ、ご友人や会社関係の方だけ、と
2つに分けることで、ゲスト様同士の緊張感も違ってきます。

そして、
新郎新婦さまも、結婚式の1日を2時間30分でおひらきするのではなく、
まるっと1日をゆっくり贅沢に過ごすことも出来るのです。

ドレスも長く着ていられる分、
1部と2部の間にフォトツアーに出かけられても良いですね。

結婚式にはカップルさんの数だけ
やり方や方法、また選ぶ場所があります。

2部制はその中のひとつの方法。

もっと詳しく知りたいなという方は、
ブリアで2部制ウェディングをされた新郎新婦さんの
結婚式を例にご紹介をさせていただきますので
お気軽にご相談くださいね。

_M5D4677.jpgのサムネイル画像







結婚式の思い出は一生ものだから

コロナ渦になって
世の中が、世界の状況がガラッと変わりました。

そして、この春にご結婚式を控えていた
ほとんどの新郎新婦さんがそれぞれの覚悟を持って
ご結婚式の延期という決断をされました。

誰もが想像もしていなかった状況。

辛い、悲しい、どうしよう、そんな気持ちが湧くかもしれませんが、
この難しい状況を
どうかネガティブに捉えず、どうか前向きに捉えて欲しい。

こんな時にあなたがいてくれて良かった。
楽しみが少し先になっただけ。私たちらしく乗り越えていこう!
時間ができたから準備時間が増えて良かったね!

結婚式の思い出はずっと心に残るものだからこそ
どうか前向きに、ポジティブに。

ご結婚式を延期されたすべての新郎新婦さんが
笑顔でご結婚式を迎えられますように。。



元気をくれる黄色くて丸いお花。
グラスペディア。
花言葉は、「永遠の幸福・心の扉をたたく」
_M5D5189.jpg






今年のキッズウェディングチャレンジについて

キッズウェディングチャレンジからのお知らせを
イベントページにもアップしたのですが、
今年、2020年のキッズウェディングチャレンジは中止を
させていただくことになりました。

子どもたちは、3月上旬から
学校がお休みになり、今も休校中。
約3ヶ月もの長い自粛生活を大人と同じように
過ごしています。

小さな体と心で毎日大変な思いをして日々と向き合っています。

イベントは夏休み開催なので、できるのかな?とも思ったのですが
やはり安全を考えて中止の判断とさせていただきました。

これまで7年も続けてきたことを
いったん止める決断は私も悩みました。

でも、来年、またさらに楽しく子どもたちが
心から笑顔になれるような企画を考えて、
安全に開催ができるよう
気持ちを切り替えていきたいと思います。
 
今は世界中で乗り越えなければいけない時。
誰かのために、自分のために
みんなでがんばりましょう!

kisrogo.pngのサムネイル画像





1

« 2020年2月 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ