HOME > Blog&News -ブログ- > 色合わせを楽しむ打掛選び

Blog&News -ブログ-

< 和婚セミナーのご参加ありがとうございました  |  一覧へ戻る  |  ビンテージドレスを選ぶという選択肢 >

色合わせを楽しむ打掛選び

名古屋にある歴史的文化施設、普門園。
来週はこちらで和婚フェアが開催されます。
挙式のプランニング、衣装選びなどお手伝いさせていただいております^^。

趣きのある普門園は、お寺の敷地内にあり、
お白州のあるお庭、長い回廊、120畳の大広間、
まるで京都にいるような雰囲気に浸れるとっても素敵な場所なんです。
私自身、とっても大好きな会場さんで、もう6年ぐらいかな、ご結婚式のお手伝いをさせてもらっています。

今日は、モデルさんに着てもらう衣装や、展示する衣装を選んできました。
畳敷きの大広間に、色鮮やかな打掛を着た花嫁さんを想像しながら。。
お客様が喜んでくださるような打掛コーディネートが出来たかな^^。
IMG_9043.JPG

























着物は、形が決まっているものなので、
色・柄・生地(技法)が選ぶ基準になってきます。

特に、個性を発揮できるポイントは、色合わせ。
これは本当にそうで、同じお着物でも、合わせる帯や小物、ヘアスタイルで、
ぜんぜん違う仕上がりになります。

IMG_9044.JPG


























ご自分の、こう見られたいなというイメージや、季節、会場の雰囲気。
そんなことも考えながら、お小物を選ぶ。組み合わせの変化が楽しめるのが和装です。

パーソナルカラー診断でも言われることですが、お顔周りの色目は特に大切。
重ね襟や掛け下の襟部分に出る色で、お顔色も違って見えますからね。

日本には昔から『重ねの色』を楽しむ文化があります。
十二単が分かりやすいその例ですね。

お衣装選びは、お洋服のコーディネートと一緒です。
衣装を選んだら、次のお小物選びも真剣に!楽しみながら^^!

せっかくのご結婚式、準備のひとつひとつを楽しんでもらいたいです。
そんな結婚式をお手伝いさせてください。

***お知らせ***

2018年4月〜12月までのご予約を受付しております。

ふたりらしい場所で ふたりが思い描く結婚式を Buriaでお手伝いさせてください。

◇ホテル・・◇旅館・料亭・・◇レストラン・・◇アウトドア・・◇公共施設・・◇寺社・・◇テーマパーク など
どんな場所でもOKです! ご相談ください。

☆☆ Instagramも見てね ☆☆










< 和婚セミナーのご参加ありがとうございました  |  一覧へ戻る  |  ビンテージドレスを選ぶという選択肢 >

このページのトップへ