HOME > Blog&News -ブログ- > 引出物の選び方と考え方

Blog&News -ブログ-

< ケータリング料理は、美味しさ*デザイン*インパクトが大切  |  一覧へ戻る  |  歴史を刻んできた場所で叶える結婚式 >

引出物の選び方と考え方

結婚式は縁起ごとなので、よく言われるのは、

*偶数は、「わかれる」を連想するからNG!
*披露宴は「お開き」終わりとは言いません。
*ウェルカムドリンクでお茶をお出しない所が多い。
(濁すということが良くないと言われています)

数字や言葉、物の意味などにとても気を使っています。

引出物もそのひとつで、
特に東海地域では、3品・5品をお選びいただきゲストへお贈りしていらっしゃいます。

こういった、結婚式の文化を知って、継承していくことも大切ですが、
最近では、それに沿わないことも出てくるようになりました。

例えば、
引出物は会場でお渡しするのではなく、ご自宅に届くように手配をする。
ご遠方のお客様だったり、贈りたい物が、フルーツなどの生物だったりする場合に
伺うことがあります。

品数を、2品にされることも時々。
関東地域では、ほぼ2品だそうですが、東海地域ではまれです。
偶数ですが、ペアという考え方のもとであればOKといったところでしょうか。


引出物をひとつとっても、地域やお二人の考え方によって選び方は自由ですが、
ただし、ひとつだけ注意したいことが。

それは、親御様の思いがキチンと反映されているかどうかということ。
特に、ご親戚関係にお贈りするものは、これまでのお付き合いの絡みや、
縁起ごとに対するお考えもあるので、しっかりとお伺いしてから選ぶことが大切です。

たいていは、お二人の思い通りで良いよ、とおっしゃってくださいますけどね。

引出物を選ぶ時には、ゲストそれぞれの生活スタイルなども考えて。
そうすると、全員の内容が違ってくることもあるだろうし、
お二人の選ぶ労力はかかるかもしれませんが、ゲストが喜んでくれることが1番ですからね!

そして、その引出物には、こんな想いを込めています、といったような
セレクションカードを引出物バッグに入れると、よりお二人の想いが届きますよ。
_M5D5514.jpg




















ゲストにワクワクした気持ちを届ける結婚式。
そんなお手伝いをさせてください。



***お知らせ***

2018年7月〜12月までのご予約を受付しております。

ふたりらしい場所で ふたりが思い描く結婚式を Buriaでお手伝いさせてください。

◇ホテル・・◇旅館・料亭・・◇レストラン・・◇アウトドア・・◇公共施設・・◇寺社・・◇テーマパーク など


< ケータリング料理は、美味しさ*デザイン*インパクトが大切  |  一覧へ戻る  |  歴史を刻んできた場所で叶える結婚式 >

このページのトップへ