HOME > Blog&News -ブログ- > お手紙、読みますか?

Blog&News -ブログ-

< ある結婚式のお話  |  一覧へ戻る  |  たくさんの人の力をかりて >

お手紙、読みますか?

花嫁のお手紙。
みなさんは書きますか。
そして、そのお手紙を読みますか。

結婚式では当たり前の流れになっているようなお手紙の朗読。
読むのは恥ずかしいな、読むのには抵抗が・・・。
このシーンに消極的な花嫁さんも少なくないです。

そんな思いの方には、無理にお読みいただくことは進めていません。

親と自分自身のことを、皆の前で言わなくてもいいかな、
泣いてしまうことが分かっいて、それはしたくないなというお気持ち、どれも分かります。

ただ、結婚式の日だからこそ、親に伝えたいこと、伝えておかなければいけない気持ちは
あることには気づいていらっしゃるはずなのでは・・・。

せめて、直筆でお手紙を書いてお渡ししませんか。と、
これだけはおすすめしています。

特に今の時代、ほとんどのやりとりがメールで、
文字を書いて気持ちを伝える機会は少ないですよね。

親としては、子供が自分のために時間を使って書いてくれた、
このことがとても心に響くものです。
親は、子供が小さいころ一生懸命に書いてくれた、絵やお手紙なんかを大切にとってあるもの。
受け取る思いはその時と同じ、もしくはそれ以上かもしれませんね。


また、先日の結婚式ではお手紙の代わりに、絵本を朗読された花嫁さんがいらっしゃいました。

chiisanaanatahe.jpg


















開宴前に内容を読ませていただき、実際に花嫁さんが読まれている時には、
私は聞き流していました。理由は、

絶対に泣くから!
プランナーが大切な場面で泣くわけにはいかないので最初と最後のフレーズだけ覚えて
お二人のフォローに徹していました。

会場からはすすり泣く人が続出、マイクを持っていた新郎さまも大号泣されるほど。
親子の関係が走馬灯のように振り返ってくる、本当にすばらしい絵本です。

もし、どうしてもお手紙は難しい・・・。
そんな花嫁さんには、お手紙の代わりに絵本の朗読も素敵なんだなと、今回、花嫁さんから教わりました。

親子の歴史を振りかえる花嫁の手紙のシーン。
感謝を伝えたいのはゲストだけではありません。
家族や両親、手紙に書いて、声にのせて、ぜひ伝えてあげてください。

結婚式は、自分に素直になれる、そんな不思議なものがあるのですから。





< ある結婚式のお話  |  一覧へ戻る  |  たくさんの人の力をかりて >

このページのトップへ